自分を変えることができるのは他人?!

10月2日:#224

こんばんは、大山です。
10月に入り世間の動きも慌ただしくなってきてますね。つられて忙しそうにしてましたが、やってることは減ってるという状態です。
自分なりに進めていたものを自分のペースを乱す形で進めてますのでエネルギーの消費がハンパないんです。そろそろ慣れてくる頃ですので、いきなり何かをはじめるいつものスタイルに変更します。

本日は、スタンド.FMとanchorの収録。このニュースレターの更新。
夜にはブログの方を少し書くかもしれません。改めてお知らせします。

  1. Anchor収録→各種ポッドキャスト配信

  2. スタンド.FM収録配信

  3. Substackニュースレター

上記にはリンクが入ってますので、クリックすると聴いたりレターに登録したりできますので押してみてくださいね。

リンクはリットリンクにもまとめてありますのでご覧ください。


スタンド.FMでは声でお届けした内容になりますが、タイトルを見て違和感を感じてしまったでしょうか。

『あなたを変えることができるのは他人だけ』

あなたがもし、変わりたい、変わりたいのに誰かのせいで変われないと思ってしまったことが一度くらいあるでしょうか。
これは自分以外の他人のせいにしてしまうことなんですが、ない人はいないと思います。

あって普通の思考です。

ここからが僕の考えなんですが、それはあっていいと思います。ですが、今日から人のせいにできなくなります。
自分が変われないとか進めないことを人のせいにしていたのは過去の話になります。

先に注意点です。

自分のせいにはしないでください。原因がどこにあるのかを考えるのはいいことだと思いますが、自分を絶対に攻めない。これは絶対のルールです。
このルールを守られない人は誰かのせいにしておいた方が楽です。


何が言いたいのかというと、どんな状況になっても誰も責める必要がないということです。

では、話を戻します。

誰かのせいにしなくなる思考なんですが、逆に考えて誰かが変われと言ったら変わるのかという問題。おそらく人に言われると余計変われないと思います。
もし、あなたが誰かのせいにしたくなったら考えてみてください。

○○のせいで進めなかった!
○○のせいで変われない!

では、○○が言ったら変わるのか。○○が環境を提供してくれたらすんなり変わろうと決意できそうでしょうか。
僕の経験から考えると、その○○に名前が入る人はあまり好きじゃない人のような気がします。そこは自由でいいのですが、そんな気がします。

言いたいことがなんとなく分かってきたと思いますが、例えば自分の邪魔をする人の言うことを聞いて自分は変わることができるかを考えてみてくださ。僕なら意地でも変わりません。


人は他人がどうこう言ったら逆に進みたくなる生き物なんです。

僕は特に天邪鬼なので、人と違う道をガンガン進んで辛くてもやせ我慢します。内心聞いておけばよかったと思いながらでもすごいスピードで駆け抜けます。
ただの意地なんですけど。

他人を変えることができない、ということは聞いたことがあるでしょうか。

実際、自分が変わることが大事なんですが、そんな簡単な話じゃないですよね。そんなことは分かっていながら変えようとしたり、人のせいにしてしまっているのが現実にあります。

人のせいにしない考え方として、

『あなたを変えることができるのは○○だけ』
この○○には、邪魔をしている人の名前などを入れてみてください。

どうでしょうか。

嫌いで、しかも邪魔をしてくる人にしか自分を変えることができないと、自分は考えていたのかもしれません。ものすごく時間の無駄に思えませんか。
誰かのせいにしたくなる気持ちは湧きます。どんどん湧きます。

そんなときは、逆に考えて人に変えられたくないという気持ちを持っているからこそ自分で始めることができるんです。
自らの行動は考え方一つで変わります。

大切なことは自分で動き始めるということ。誰かのせいにしてるうちは誰か任せの動きになってしまいます。そんなのイヤですよね。
だとしたら、どう考えることが自分にとって良い方向に進むのか。

この考え方が慣れてくると自然に人のせいにできなくなります。

ということで、結構人のせいにしてしまう思考をしてた私が、自分の決意で動き始めたときのことを思い出して書きました。

では、また明日お会いしましょう。