気づいたときがチャンス!

10月8日:#230

こんばんは、大山です。
少し寒くなってきましたが、状況的に動きやすくなってきたのではないでしょうか。皆さんはどんな週末にする予定でしょうか。
いつものように過ごせること、当たり前に過ごすことが大事に思えてきます。

毎日レターを書いてますが、毎日のように素晴らしいことが思いついている訳じゃないし、毎日すごく考え込んでいる訳でもありません。
毎日読んでくれている方はもうお気づきだと思いますが、どこがnewsなのか、と思ってしまいますよね。

どんな有益なレターを送ってくれるのか。

もしかしたら、期待されているかもしれませんが、いつもすごく大切な話を懇々とされても頭に入らないですよね。その前に、そんなにいい話を思いつく人間ではありません。

誰かのちょっとしたタイミングでいい話だと思ってもらえるように毎日書いてます。気軽に手が空いてどうしようもないときに読んでくださいね。本人的には全力で書いてますが、全力は受け取ってもらう方の受け取り方ですので、タイミングよくヒットすると良い話に聞こえるかもしれません。

では、本題に入ります。


いつものように前置きが長々と続きましたが、流れはそのままです。

すごくいい話というのは、すごくいいタイミングなだけで、内容はもうどこにでもあるものだと思ってます。それが、世紀の大発明というものでもなければ一瞬で広めることができる時代です。

新しいことなんて、ほとんどありません。

本当は新しいものなんてないんですけど、受け取る方がはじめてだったら新しいものに変化するんです。例えば、NFTって今に始まったことじゃないけど、聞いたことがなかった、やったことがない人にとっては新しいものに変わります。

逆に考えると分かりやすいのですが、もうすでにやったことがあることを新しいと思うかというと、どんなに出たばっかりのことでも新しく感じることはないんです。このように、新しいことなのか、必要なことなのかは自分で判断することができます。


ニュースレターやメルマガがいつ流行ってたっていいんです。僕のレターにたどり着いてくれて、レターを今まで読んでなかった人にとっては新しいこと。
自分の感覚が全てです。

こう考えると、どんなことでも今更感がなくなります。どうしても気づいたのが少しでも遅いと、自分はもう出遅れてるから始めることをためらってしまう。なんてこともありますよね。

気づいたときが勝負です。

自分の必要なときにその情報は入ってくるようになってます。世の中的には遅いかもしれませんが、それは世の中が決めることじゃなくて、自分で決めること。
レターでもメールでも、今まで触ってなかったなら、今なんです。

これはもうタイミングでしかなくて、ずいぶん前からはじめてる人がいるから自分はスタートしないなんて勿体ないと思います。気づいたらチャンスだし、やろうと思ったらやることをおすすめします。

求めているものにもよりますが、自分を表現するが目的だったり、関わる人の豊かさという広い視点を持つことができれば、どんなタイミングでもいいんです。


僕のレターに気づいてくれた方、読むことができた方はチャンスです。

何がチャンスなのか分かりませんが、数多いブログのような読み物が溢れてます。一般人のニュースレターに出会えた奇跡。
これは、僕のレターだけではありませんが、奇跡としか考えられません。

どうでしょうか。

一通書いてみませんか?

ニュースレターを勧めるレターではないのですが、そんな流れになりました。何かと出会う、誰かと出会うことって珍しくないけど奇跡だと思います。
そんな想いで、毎日書いてます。どこかで誰かと出会うために。

それでは、今日はこのへんにしておきますね。

また明日お会いしましょう。
サボっているラジオ配信も明日します!

ありがとうございました。